Food Couture:パルメザンチーズのレシピ    
 

パルメザンチーズのレシピ

ケールチップス

ケールチップス

栄養価の高いケールをチップスにしました♪ アメリカでも人気の副菜です。 オーブンに入れて焼くだけなので、とっても簡単に出来ます。カリカリの食感がやみつきになる1品。スナックとしても副菜としても大活躍です☆

揚げ茄子のマリネ、生ハムとチーズのカリカリと共に

揚げ茄子のマリネ、生ハムとチーズのカリカリと共に

暑い日にピッタリの前菜です。オリーブオイルで揚げ焼きした茄子を冷たく冷やしてマリネします。食べる前にはカリカリに焼いた生ハムとパルメザンチーズをトッピング。酸味は食欲増進効果があるので、パーティーの最初に召し上がれば他のお料理も進みますね♪今回は前菜用として蓮華に乗せてみましたが、大皿を使って、サラダのように盛ってもOK♪カリカリを沢山かけてお召し上がり下さい☆

白菜ディップ

白菜ディップ

この時期にピッタリの温かいディップを紹介します♪ アメリカではアーティチョークを使ったこのディップ。日本でアーティチョークは手に入りにくいと思い、白菜で代用してみました。以前ご紹介したフードクチュールレシピの中のピタチップスとどうぞ☆とっても簡単に出来るので、これからのおもてなしシーズンに大活躍の1品です☆

3種のオリジナルポップコーン

3種のオリジナルポップコーン

ニューヨークには私の好きなレストランが沢山ありますが、その中で気に入っているフレンチレストランの一つが「The Modern」The Museum of Modern Art (MOMA、近代美術館)に隣接しているレストランです。シェフ仲間の中でも定評があります。特別な日によく利用するお店ですが、今年の夏に主人の誕生日で訪れた際、アミューズの前にオリジナルフレーバーのポップコーンが出されました。「高級フレンチレストランなのにポップコーン?!」でも私はこんな瞬間が大好きです。シェフの遊び心や料理に対しての心が見えた時に感動します。私も今回真似してフードクチュールオリジナル風味のポップコーンを3種類作ってみました。色々なフレーバーを沢山思いつきましたが、まずは皆さんに馴染み深い味を3種ご紹介します。1つがローズマリーガーリック。二つ目はカレーチーズ。そして3つ目はシナモンメープルバター味です。おもてなしの最初にこんなポップコーンが出てきたら、ちょっと楽しいですよね☆