Food Couture:ブロッコリーのレシピ    
 

ブロッコリーのレシピ

カリフラワーとブロッコリーのソテー、M仕立て

カリフラワーとブロッコリーのソテー、M仕立て

とても大切な友人の一人、Mちゃんが先日日本へ帰国しました。帰国する前に一度フレンチをご馳走しようと一緒に行ったのがFCでも以前御紹介した、THE MODERN。彼女が注文したラム肉のソテーの付け合わせだったカリフラワーとブロッコリーのソテー。彼女はカリフラワー等があまり好きではないのですが、この副菜をとても気に入りました。ベーコンの香りとチョリソのスパイス、そしてバルサミコ酢の深い味わいが絶妙なこの1品。日本に帰ってもまたいつでも食べられるように、そして彼女への感謝の気持ちを込めて、このレシピを贈りたいと思います。

手作りイタリアンソーセージのケサディーヤ

手作りイタリアンソーセージのケサディーヤ

ケサディーヤはチーズなどをトルティーヤで挟んで焼いたメキシコ料理ですが、今回は以前ご紹介した手作りイタリアンソーセージを使って作ってみました。すでにソーセージに味付けがされているのでとっても簡単に出来ますよ♪ビールにぴったりのおつまみになるのでこれからの季節、パーティーにお薦めの1品です♪ ブランチパーティーにもどうぞ♪

ローズマリーチキンサラダ

ローズマリーチキンサラダ

一品持ち寄りやおもてなしに便利なサラダです。ローズマリーとレモンに漬け込んだ鶏肉が風味良く、温野菜との相性抜群です。ボリュームも栄養も満点で、彩りも良いので、サラダとしてもメインとしても大活躍の一品。副菜でも良いですね♪ 温かくても、冷たくても、室温でも美味しく食べられるのでとっても便利ですよ☆

イタリアンソーセージとブロッコリーのパスタ

イタリアンソーセージとブロッコリーのパスタ

前回ご紹介させた頂いた手作りソーセージを使った超簡単パスタです。イタリアのパスタ料理としては定番ですが、ご家庭でも超簡単にお作り頂けます☆ オリキエッテはイタリア語で小さい耳、または耳たぶなどの意味がありますが、窪んだ穴がこのお料理にはピッタリなのでレストランでもこのタイプのショートパスタが使用されます。 今回は最後にレモンの皮を摩り下ろしたものも加え、香りと味にアクセントをつけました。イタリアンソーセージとブロッコリーの味わい深い後にレモンの爽やかさが残ります♪ 是非お試しください!

トリプルトーフのヴィーガン・ケークサレ

トリプルトーフのヴィーガン・ケークサレ

飯野フードデザイン研究所の飯野さんからリクエストを頂いていた「ヴィーガン用ケークサレ」。以前クリスマス用を紹介させて頂きましたが、今もなお、私も日々研究を重ねているケークサレ。ヴィーガン用はやはり難しい課題でしたが、厚揚げ、絹ごし豆腐、豆乳を使うことによって、玉子を使用しなくても柔らかい食感が楽しめるようにしました。味は和風で馴染みやすい仕上がりに♪ブロッコリーの味もしっかり楽しめます☆

ブロッコリーペストのバスタ

ブロッコリーペストのバスタ

アメリカではペスト(Pesto)と呼ばれているパスタのソース、日本ではジェノベーゼと呼ばれています。正式にはペスト・ジェノヴェーゼという名前のようです。通常は、バジルの葉、松の実、にんにく、オリーブ油で作ります。今回はバジルの代わりにブロッコリー、松の実の代わりにくるみを使用してみました。ブロッコリーの色鮮やかさが食用をそそります。 是非お試し下さい♪

野菜たっぷり、プリマベーラ・グラタン

野菜たっぷり、プリマベーラ・グラタン

イタリア料理などで、野菜たっぷりの料理をPrimavera (プリマベーラ)と呼びます。お好きな野菜をたっぷり入れて召し上がってください。ここではコーンとほうれん草をベースのソースにして、トマトやブロッコリーを加えて彩り豊かに作りました。最近野菜不足かな?と感じたら、お好きな野菜をふんだんに使って是非このプリマベーラ・グラタンをお試しください♪