Food Couture:リンゴのレシピ    
 

リンゴのレシピ

林檎とゴルゴンゾーラチーズのクリーミースープ

林檎とゴルゴンゾーラチーズのクリーミースープ

甘酸っぱい林檎と塩気の多いブルーチーズをスープに仕立てました。一瞬冷たいデザートスープかな?と思われた方もいると思いますが、これからの季節にピッタリの温かいスープで、ヴィシソワーズのベースに林檎を加えたもの。ゴルゴンゾーラチーズは火を通しすぎると黴臭さが増してしまうので、最後の余熱で溶かしちょっと食感を残すくらいのクリーミーさで仕上げます。林檎のほのかな甘みの後から、ゴルゴンゾーラチーズの塩気とコクが口の中に広がります。カリカリに焼いたバゲットと一緒にどうぞ☆ ブルーチーズ好きな方は是非お試し下さい♪

ターキー用ソース2種

ターキー用ソース2種

アメリカでは今週末はThanksgiving Holidayです。各家族やレストランではターキーの丸焼きを食すことが慣習となっています。 Japanese Gallery HisagoのHisayoさんからのリクエストで、通常のターキーグレービーではなく、ターキーに合う和風ではないあっさりとしたソースを2種類作ってみました。ターキーは少しクセがあるので、その臭みを美味しく食べれるように工夫をしたこの2種のソース。一つは、季節のリンゴを使って、フルーティーに仕上げました。見た目はターキーグレービーに似ているのですが、甘さと旨みを含む素材を使って、深みのある味に仕上げています。最後のレモンがターキー特有の後味を消すアクセントとしました。二つ目のグリーンソースは、以前御紹介したサルサヴェルデソースを応用したものです。パセリとハーブたっぷりのソース。クセのあるターキーと相性抜群です♪通常のターキーグレービーも美味しいですが、少し趣向を変えたい方は是非お試しください☆

アップル・ダンプリング

アップル・ダンプリング

私の自宅があるペンシルバニア州には、アーミッシュ村という場所があります。観光名所のひとつにもなっていますが、そこでは美味しい名産品がたくさん売られています。その中の一つのアップル・ダンプリング。スパイスと砂糖を詰めたリンゴを丸ごとパイ生地やタルト生地で包んでオーブンで焼くだけ。リンゴ丸ごとアップルパイというような感じです。今回は姫リンゴと黒砂糖を使用してみました。バニラアイスと一緒にどうぞ。サクサクの生地を割ると、温かいリンゴがトロっと出て、冷たいアイスクリームと絶妙に合います。とっても美味しいですよ!すごく簡単に出来るので是非お試しください。