Food Couture:豚ヒレ肉のレシピ    
 

豚ヒレ肉のレシピ

塩麹漬け豚ヒレロースト、プルーンを詰めて

塩麹漬け豚ヒレロースト、プルーンを詰めて

北米で人気のLidia Bastianich。レストラン以外にも手がけていて、テレビでも料理番組等で大活躍のイタリア料理研究家です。先日彼女のローストポークレシピを試してみました。とても簡単なのに、プルーンの甘さとセージの香りが漂い、美味しいイタリアの家庭料理レシピでした。今回は彼女のレシピを日本風の味付けでアレンジしてみました。ソースを作るのは少し手間がかかるので、豚肉自体を塩麹に漬けておき、酒で柔らかく戻したドライプルーンを詰めました。塩麹のおかげで、ソースなしでも丁度良い塩加減の1品。プラムの甘さが豚肉の美味しさをより一層引き立てます。おつまみとしてもメインとしても大活躍の1品です。是非お試し下さい☆

豚ヒレ肉のロースト、秋を詰めて

豚ヒレ肉のロースト、秋を詰めて

おもてなし料理に大活躍の豚ヒレ肉ですが、以前ご紹介した豚ヒレロールが好評だったので、今回は秋の味覚を詰めて同じような豚ヒレロールを作りました。豚肉は甘酸っぱいソースと相性が良いので味付けは白ワインビネガーも使って少し酸味を効かせ、栗のほのかな甘みと舞茸の香りと共に豚肉の旨みを引き出しました。栗の食感も楽しめるのが良いですね。準備だけしておけば後は焼くだけなのでとっても簡単です☆肉汁を閉じ込めるための休ませる時間もあるので、お客様がいらっしゃる前に焼いておけるのも便利です♪この季節に是非お試しください!

豚ヒレの蒸し焼き、磯の香りとめんつゆジュレ

豚ヒレの蒸し焼き、磯の香りとめんつゆジュレ

シンガポールにお住まいのzhenshiさんからの「ご主人のお誕生日用、豚肉を使ったお洒落で簡単なお料理(味付けは洋風のこってりしたものではないもの)」というリクエストにお答えして、今回の1品を考えました。豚ヒレを塩昆布とズッキーニで包み、蒸し焼きにし、めんつゆと白ワインを使ったジュレソースを添えて和風な味に。お肉なのでボリュームもありますが、磯の香りでさっぱりと召し上がれると思います♪ ジュレとズッキーニの下準備を前日にしておけば、30分以内で出来るおもてなしにピッタリの1品です☆

一口カツ丼 ~カツ丼インサイドアウト~

一口カツ丼 ~カツ丼インサイドアウト~

個人的な事ですが・・私はカツ丼が大好物です(笑) パーティーでも食べられたらいいのに~、と思ってこの1品を考えました。 なんと、ヒレカツの中にカツ丼の具材を入れちゃいました☆ 見た目は一口カツですが、口に入れたらカツ丼です♪これからのお花見のシーズンなど、お弁当の一品としても大活躍ですよ♪ カツ丼ファン待望の一品、是非お試しください♪