揚げ餃子~鶏肉のフローレンス風~

ブログを通して仲良くさせて頂いているMore子さん。以前フードクチュール仕立ての餃子を食べてみたいとおっしゃっていたので、おつまみにピッタリの揚げ餃子を作ってみました。中身はアメリカで人気の「鶏肉のフローレンス風」。フローレンスとはフィレンツェを意味する英語表記です。フランス料理等でホウレン草を使った料理に用いられています。この鶏肉のフローレンス風を揚げ餃子にしてみました☆フレンチの技法を使った生クリームのソースにホウレン草と鶏ひき肉を混ぜて、ちょっとコクのある味に☆揚げたてでも冷めても美味しいですよ♪どんなお酒にも合う1品です。是非お試しください☆

揚げ餃子~鶏肉のフローレンス風~

このページを印刷

(レシピ製作:Chef Yasue Siewert)

所要時間  

準備時間:約20分
調理時間:約30分

材料(20個分)

にんにく 2~3片
生クリーム ½カップ(100cc)
ホウレン草 70グラム
鶏ひき肉 150グラム
塩 小さじ1/8
コショウ 少々
餃子の皮(大判)20枚
小麦粉 小さじ1
水 大さじ1
揚げ油 適量

作り方

  1. 小さい鍋にみじん切りしたにんにくと生クリームを入れ、強火にかける(噴きこぼれ易いので目を離さないようにしてください)。沸騰直前で弱火にして半量になるまで約20分間煮詰める。しっかりと冷ます。
  2. ホウレン草は軽く塩茹でし、しっかりと水切りしたらみじん切りに切る。
  3. ボウルに冷ました1、2のホウレン草、鶏ひき肉、塩、コショウを入れ混ぜる。
  4. 小さい器(又はボウル)に小麦粉を入れ水で溶いて糊を作る。
  5. 餃子の皮を手に取り、3を約小さじ1真ん中に乗せる。皮の端に4の糊を適量塗り、空気を抜きながら半分に折る。片方の端に糊をつけ、折たたむようにもう片方の端とくっつけ、外側に少し開くようにする。
  6. 約180℃に熱した揚げ油で5をきつね色になるまで揚げる。揚げ網等に取り、油をよく切ったら塩(分量外)を振り掛けたら出来上がり。

* 揚げたてでも冷めても美味しいですよ♪

当サイトの著作権はFood Couture, LLCに帰属します。当サイト内に掲載されているレシピ、記事、画像など、全ての著作物の無断転載・商用利用を禁じます。

  ←ランキングに参加中です。日々の励みになりますので、1クリックして頂けると嬉しいです。

このレシピに関するコメント