一口カツ丼 ~カツ丼インサイドアウト~

個人的な事ですが・・私はカツ丼が大好物です(笑)
パーティーでも食べられたらいいのに~、と思ってこの1品を考えました。
なんと、ヒレカツの中にカツ丼の具材を入れちゃいました☆
見た目は一口カツですが、口に入れたらカツ丼です♪これからのお花見のシーズンなど、お弁当の一品としても大活躍ですよ♪
カツ丼ファン待望の一品、是非お試しください♪

一口カツ丼 ~カツ丼インサイドアウト~

このページを印刷

(レシピ製作:Chef Yasue Siewert)

所要時間  

準備時間:25分
調理時間:20分

材料(10個分)

玉ねぎ 60グラム
醤油 大さじ2
みりん 大さじ1
酒 大さじ1
砂糖 小さじ1½  
卵 2個
ごはん 茶碗1/2杯 
豚ヒレ肉 1本(約500グラム)
塩・コショウ 少々
小麦粉 大さじ3
溶き玉子(1個分)+水(大さじ1)
パン粉 50グラム
揚げ油 適量

作り方

  1. 玉ねぎは薄切りにし、卵は小さいボウルに溶いておく。
  2. 小さい鍋に1の玉ねぎ、醤油、みりん、酒、砂糖を入れて軽く煮立たせたら、1の溶き卵を入れる。卵に火が通ったら、火を止めて、ボウルに移し、ご飯を加え軽く和える。
  3. 豚ヒレ肉を約3センチの厚さに切り(10等分)、ナイフか包丁で小さいスプーンが入る程度に切り込みを作り、中が空洞になるように肉の端ギリギリまで切り込みを入れる。全てヒレ肉に切り込みを入れたら、その一つをまな板の上に乗せ、サランラップをかけたら鍋底で2~3回程度叩き、半分の薄さする。同様に他の9個も薄くしたら、一つづつ切り込みに2をスプーンで詰める。端を軽く手で押さえて中身が出ないようにし、塩・コショウを軽く振る。
  4. バットを3つ用意し、一つには小麦粉、さらに、溶き卵と水をよく混ぜたもの、そしてパン粉を入れる。3に小麦粉をまぶし、余分な小麦粉は払い落としたら、溶き卵液につけ、さらにパン粉をまぶす。同様に他の9個にも衣をつける。
  5. 4を、中火で温めた油できつね色(約8分)になるまで揚げたら(火加減は調整してください)、油切りバットかペーパータオルの上で油を軽く切る。
  6. 5を皿に盛って出来上がり。(パーティーなどでは、半分に切って楊枝などを刺しておくと食べやすいです。お弁当の場合は半分に切ると良いです。)

当サイトの著作権はFood Couture, LLCに帰属します。当サイト内に掲載されているレシピ、記事、画像など、全ての著作物の無断転載・商用利用を禁じます。

  ←ランキングに参加中です。日々の励みになりますので、1クリックして頂けると嬉しいです。

コメント(2)

すごいです!本当にかつ丼ですね。
とっても上手にご飯が挟まってる。
私もかつ丼、大好きですよ~。

>>ありがとうございます。
新しいブログでも宜しくお願いします。
準備ができたら、今のブログでお知らせしますね。
NY・・行きたいです~いい街ですよね。

勇気凛りんさま☆

コメントありがとうございます!
凛りんさんが遊びに来てくれるだけで光栄なことなのに、コメントまで頂けるなんて本当に嬉しいです(^^)
凛りんさんもカツ丼好きで良かった~(笑)
是非一口カツ丼食べにNYに来てくださいね♪

このレシピに関するコメント