和風バッファローウィング、ヨーグルトソースを添えて

ニューヨーク州バッファローの名物、バッファローウィング。カリカリに揚がった鶏の手羽を酢の酸味とピリッと辛いスパイスでブレンドした、病み付きになる味付けです。ブルーチーズソースとの相性もバッチリ。大学時代よく食べに行きました。こんなに美味しいのなら和風に仕立てて見よう!と思いつき、完成したのがこの一品です。辛さがヨーグルトソースに馴染んで癖になりますよ♪

和風バッファローウィング、ヨーグルトソースを添えて

このページを印刷

(レシピ製作:Chef Yasue Siewert)

材料 作り方
  1. オーブンを200度に温める。
  2. 天板にクッキングシートを敷き、皮を上にした手羽を並べ、サラダ油を少し手羽にかけて馴染ませる。
  3. 2の手羽をオーブンで約40分焼く。(薄いきつね色になるまで)
  4. ボールに醤油、酢、タバスコ、ケチャップ、砂糖、ハチミツ、塩、コショウを入れ、よく混ぜる。
  5. 焼けた手羽を熱いうちに4のソースに絡める。
  6. 小さいボールにヨーグルトソースの材料を入れ、よく混ぜる。
  7. 5の手羽を皿に盛り、小さい器にソース入れて出来上がり。(手羽をソースにつけて召し上がってください)

当サイトの著作権はFood Couture, LLCに帰属します。当サイト内に掲載されているレシピ、記事、画像など、全ての著作物の無断転載・商用利用を禁じます。

  ←ランキングに参加中です。日々の励みになりますので、1クリックして頂けると嬉しいです。

コメント(2)

このちょっと辛い甘酸っぱい和風ソース、美味しいですねぇ。 何にでも使えそうです。 あまったソースはカリフラワーに和えて食べました。
ヨーグルトソースとの相性もバッチリです。
これは前菜だけじゃなくて立派なおかずにもなりますよ。
次は白いご飯と一緒に食べてみたいのでリピート確実です。

56513さん☆

コメントありがとうございます!
ソースをカリフラワーに合えるのは良いアイディアですね!とっても美味しそうです。私も是非試してみたいと思います♪

このレシピに関するコメント