牡蠣と海老のオープン・ポ・ボーイ

Po' boyとは、ルイジアナ州発祥のバゲット等を使ったサンドイッチの事で、通常は揚げた海老等の魚貝類を挟みます。揚げる衣やパンに塗るマヨネーズにルイジアナスパイスと呼ばれる、カイエンペッパーやパプリカ、ハーブ等を使ったスパイスミックスで香辛料を効かせるのが一般的です。ちょっとピリ辛で鼻に抜けるスパイスの風味と、カリっとした食感の後にくるジュワっとした魚貝類の旨味が特徴。今回はそのサンドイッチを前菜用にオープンサンドにしました。具材は旬の牡蠣とプリプリの海老を使用。ソースは通常のものとは違い、フレンチのテクニックを使って一風変わった濃厚なソース。まろやかな酸味がワンランク上の味へ導きます☆

牡蠣と海老のオープン・ポ・ボーイ

このページを印刷

(レシピ製作:Chef Yasue Siewert)

所要時間 

40分

材料(10個分)

牡蠣 5個(小粒の場合は10個)
海老(大きめ) 5尾
小麦粉 30グラム
玉子 1個
パン粉 60グラム
揚げ油 適宜
バゲット(フランスパン)(1センチの厚さに斜め切りしたもの) 10枚
オリーブオイル 少々
クレソン 適宜

~ソースの材料~
生クリーム 1カップ
シャロット 2個(約50グラム)
白ワインビネガー 大さじ3
フレッシュディルの葉のみじん切り 大さじ2
塩、白コショウ 少々

~ルイジアナスパイスの材料~
塩 小さじ½
ガーリックパウダー 小さじ2
パプリカパウダー 小さじ2
オニオンパウダー 小さじ1
カイエンペッパー 小さじ¼
ドライオレガノ 小さじ¼
ドライバジル 小さじ¼
ドライタイム 小さじ¼
七味とうがらし 小さじ¼
コショウ 少々

作り方

  1. ソースを作ります。エシャロットを出来るだけ細かいみじん切りにし、小さい鍋に、生クリーム、白ワインビネガーと共に入れ、火にかけます。沸々としてきたら(吹きこぼれ易いので注意)弱火にして、トロっとするまで煮詰める(約半量)煮詰まったら火を止め、塩、コショウで味を整え、ディルを加える。
  2. 牡蠣を、塩水につけてそっとかき回しながら洗う。(真水で洗うと旨みが逃げます。) 洗ったらペーパータオルで水気をしっかり拭き取る。海老は皮、尾、背わたを取り除き、同じくペーパータオルで水気をしっかり拭き取る。
  3. ビニール袋に小麦粉とルイジアナスパイスを入れ、2の牡蠣と海老を入れよくまぶす。
  4. ボウルとバットを用意し、ボウルには溶き玉子と水大さじ1(分量外)を入れよく混ぜておき、バットにはパン粉を用意する。3を溶き卵にくぐらせたらパン粉をまぶす。
  5. 揚げ油を中強火に熱したら4を揚げる。中強火のまま外側がカリっとなるように揚げる(フライの音がピチピチと水ぽい音になつて来たら揚がっています)。バット等に取り出し油を切る。
  6. バゲットのスライスにオリーブオイルを少し塗り、オーブン(トースターオーブンでも可)で端がきつね色になるまでトーストする。クレソンの葉を乗せ、その上に5を乗せる。最後に1のソースを乗せて、ディルを飾ったら出来上がり。

当サイトの著作権はFood Couture, LLCに帰属します。当サイト内に掲載されているレシピ、記事、画像など、全ての著作物の無断転載・商用利用を禁じます。

  ←ランキングに参加中です。日々の励みになりますので、1クリックして頂けると嬉しいです。

コメント(2)

クチュールさん、こんにちは。
クリスマス用のお料理ですね♪
牡蠣と海老のハーブフライのようなものかしら☆
イタリアンハーブに、オニオン・ガーリック・カイエンペッパー・七味唐辛子等々色々入って、スパイシーハーブに。
ソースは生クリームとビネガー、ディルも入っているので、やはりハーブの香り。
あ~このお料理を泡のワインに合わせていただいてみたいです^0^

>>>masakohimeさん☆

masakohimeさん、こんにちは♪
いよいよ師走ですね!
毎日バタバタしている私です(^^;)

そうなんです、ハーブとスパイスが効いたレシピです♪
是非泡のワインに合わせてみてください☆

このレシピに関するコメント