シュー・ティラミス

イタリアのデザートと言えばティラミス。ほのかなコーヒーの香りとマスカルポーネクリームのクリーミーな食感は食べ始めると止まらなくなる美味しさです。今回、一口サイズのシュークリームとして仕立ててみたら、見た目もかわいく、食べやすい一品に仕上がりました。パーティやおもてなしのデザートに是非お試しください!

シュー・ティラミス

このページを印刷

(レシピ製作:Chef Yasue Siewert)

材料(小24個分)

作り方

  1. 鍋に水、バター、塩、砂糖を入れて沸騰させる。沸騰したら火から下ろし、小麦粉を一度に入れる。
  2. 木べらで小麦粉が見えなくなるまでよくかき混ぜたら、鍋を再び中火にかけて30秒間、鍋底からしっかりかき混ぜる。火から下ろし、さらに1分間かき混ぜる。
  3. 溶き玉子約1個分を一度に加えて、木べらで混ぜる。よく混ぜたら残りの溶き玉子を加減をみながら少しづつ加えしっかりと混ぜる。(生地を木べらでたっぷりすくって落としてみた時にゆっくり落ちる感じで木べらに残っている生地が三角に垂れ下がる柔らかさ。玉子の量よりもこの柔らかさが大事です。玉子の量を調節してください)
  4. 3にインスタントコーヒーの粉をそのまま加え、混ぜる。
  5. 4をオーブンシートを敷いた天板に小さじ1強づつくらい、丸い玉のように置く。(絞り出し袋を使っても可)最後に水で濡らした指で尖がった部分軽く押さえる。
  6. 5を180度のオーブンで25~30分焼く。
  7. 生地を焼いている間に、生クリームに砂糖とパニらエッセンスを加え泡立てたら、マスカルポーネチーズ加えてさっくりと混ぜる。最後に刻んだ板チョコも加える。
  8. 6が焼けたら冷まし、真ん中を横に切り、7を詰めて出来上がり。粉砂糖を上からふりかけるとさらに良いでしょう。

当サイトの著作権はFood Couture, LLCに帰属します。当サイト内に掲載されているレシピ、記事、画像など、全ての著作物の無断転載・商用利用を禁じます。

  ←ランキングに参加中です。日々の励みになりますので、1クリックして頂けると嬉しいです。

コメント(2)

大感激の出来あがりでした。今まで何回もシュー生地には失敗を重ねいたのですが、初めて生地がきれいに膨らみました。あまりにも嬉しくて即、2ラウンド目を作ってしまいました。シュー生地のコーヒーの香りが味を引き立て、大人のデザートで甘すぎずとっても美味しかったです。本当に一口サイズで食べれるので、気づいたらあっという間に食べてしまいました。今度、お友だちのホームパーティに作っていこうと思います☆

yabadabadooさん☆

生地成功おめでとうございます!!
とっても嬉しいです、一緒の感激♪
2ラウンドも作ってもらえたなんて、本当に嬉しいです。
ポコポコと口に入ってしまうので、食べすぎ要注意ですが・・・(笑)
是非パーティーに作って行ってください(^^)

このレシピに関するコメント