超簡単ローストビーフ

パーティメニューといえば誰もが思い浮かべるのがローストビーフではないでしょうか?豪華で華麗なイメージのローストビーフ、敷居が高いと思われがちですが、実は作り方はとっても簡単なのです!!
超簡単なのに、肉汁たっぷりジューシーで味もしっかりついたローストビーフ。彩りも鮮やかに食卓を飾る、パーティーには欠かせない一品です。

超簡単ローストビーフ

このページを印刷

(レシピ製作:Chef Yasue Siewert)

材料

作り方

  1. オーブンを180度に温めておき、天板にアルミホイルを敷いておく。
  2. 牛肉をアルミホイルの上におき、全体にオリーブ油をかけ、手でもむ。
  3. スパイス(塩、胡椒、オニオンパウダー、ガーリックパウダー、パプリカ、ディルシード)を牛肉全体にかけ、手でもむ。
  4. 3の上にローリエをのせる。
  5. 4をオーブンで焼く(約30分~40分)
  6. 5をオーブンから取り出し、敷いておいたアルミホイルで肉汁がこぼれないように牛肉を包み、最低20分休ませる。
  7. 薄切りにして皿に盛って、出来上がり。お好みでアルミホイルに残った肉汁をかける。

当サイトの著作権はFood Couture, LLCに帰属します。当サイト内に掲載されているレシピ、記事、画像など、全ての著作物の無断転載・商用利用を禁じます。

  ←ランキングに参加中です。日々の励みになりますので、1クリックして頂けると嬉しいです。

コメント(4)

毎年、ローストビーフにチャレンジしようか...って思うんですよー、この季節になると。でも、なんだかアメリカで買うかたまり肉のいいお肉の見分け方がまるで分からなくて。どの部位を買えばいいのかアドバイス、ありますか?

一度、適当なかたまり肉をかって作ってみたら、切ったところで思いっきりスジがあったのに面喰って、それ以降、悲しい思い出を思い出さずにはいられまへん...

アメリカのスーパーでの表示にイマイチ慣れないワタクシ、教えてください~!

Morelandさん☆

こちらにもコメント、超嬉しいっす~~~!!
ありがとうございます(*^^*)

すっごく分かります!アメリカのお肉、よくハズレがある(涙&怒)
やっぱりローストビーフにお薦めなのは、Rib Eyeか、Filetmignonですが、こちらは両方お高いのですよね~~(^^;)
もし失敗したくない & 脂多めなら、Rib Eyeをお薦めします。確実です☆
脂は~っという感じなら、やっぱりFilet Mignonですね。
私は低価格派なので、通常、Bottom Roundという部位を使っています。出来るだけマーブル(さしが入ったもの)を選ぶと良いです。ただこのBottom Roundは5回に1度くらいハズレがあります(--;)
断面を見て、明らかに筋が入っている場合は、1の工程の後に、小さいナイフ(又はジャカードナイフ)でジャカードするか、もしくは、小さいナイフで中部まで小さい切り込みを入れ、そこに皮を剥いたにんにく、または潰したパイナップル、パパイヤ、又はキウイを入れると柔らかくなります。
数箇所にこれを仕込み、閉じ口はしっかりと閉じて(指で閉じると簡単に閉じます)、2の工程に進んでみて下さい。ただ、この方法は切った時に断面に仕込みが見えます。これを一緒に楽しめるのが利点ですが、お肉だけで~っていう場合は、ジャカード方法が良いでしょう。
それと、一番大事なことは、焼いた後に暫く放置しておくことです。すぐに切ると肉汁が出てしまうので、パサパサ&固いローストビーブになってしまいます。最低20分、アルミホイルなどをかけて、45分くらい寝かせるのが理想です。
また何かあれば質問くださいね~♪

*More子さんの場合、アメリカ在住&英語得意ということで、フードクチュールの英語版(リンクが一番下にあります)も見てみてください♪ もしかしたらそちらの方が材料、分かり易い&入手し易いかもしれません♪

うわ~!超ご丁寧に説明していただきまして。
☆゚.+゚o(>ДД<)o゚+.゚☆
感謝の気持ちを眺めの絵文字で表現です。笑。

シェフの方にこうやって気軽に質問させていただく機会があって感激More子でございます。

通常はお安めの部位を特別価格にてかたまり肉を買うところを、この時期ですからねぇ~、奮発してどーんとフィレ肉でいっちゃいましょうか...ワナワナ...(゚Д゚;)

お店へ出かけてその時の値段と相談してみるとして(^∀^|||)、重要ポイントをしっかりメモるざます。アルミホイルをかぶせて置いておくことですね。焼き具合がどうなるものかと、こういったオーブン焼きはなかなかチャレンジできそうにないものの、ここはひとつ勇気を出してのオーブン焼き、挑戦です!

英語版、そういえば以前はちらほらと見させていただいておりました。が、やっぱり日本人、どうも英語はすんなりと頭に入ってこないもんで、ついつい日本語でお世話になります。そうですね、英語版ももちろん伺いまーす。゜+.(・∀・).+゜

More子さん☆

参考になったのなら良いですが~^^
いつでも何でも聞いてくださいね~(なーんて、質問が難しいと答えられなかったりして・・笑)

そうですね、この時期に奮発可能ならお高いものをお求めも良いですね~♪
そうそう、焼き加減ですが・・・もし綺麗なピンクが良い場合は、温度設定をレアか、ミディアムレアにしておいて、その時点でお肉をオーブンから取り出すと良いですよ~。
アルミホイルをかぶせて放置しますが、お肉の中ではまだジワジワと焼いている状態なので、45分後くらいには丁度良いミディアムくらいになります。
同じく、もしかなり火が通った状態が良い場合は、ミディアムか、ミディアムウェルで取り出し、放置。
オーブンから取り出す時点でウェルダンだと、放置した後にもまだ調理してしまう状態で、固くなってしまいます~(涙)
では、またね~♪

このレシピに関するコメント