マスカルポーネソース変奏作品20番、~ポルチーニ茸のクレープ~

もう10年以上通っているフレンチビストロ、La Bonne Soupe。ここは何を食べても美味しく、特にパテは最高なのですが、先日行った時は、久しぶりに玉ねぎとマッシュルームのクレープを食べました。とても素朴な1品。その時一緒だった友人が「これは家でも出来るね」と微笑んでくれた時に閃いたレシピ。その友人はポルチーニ茸が大好き。そこで、FCマスカルポーネクリームソース第20作目として、そのレストランメニューと友人とFCのコラボアイディアレシピ。炒めた玉ねぎの甘さとポルチーニの深みのあるコクと香り、そしてマスカルポーネソースの優しい味をクレープで包みます。サラダを添えて、ブランチにピッタリな1品。是非お試し下さい☆

マスカルポーネソース変奏作品20番、~ポルチーニ茸のクレープ~

このページを印刷

(レシピ製作:Chef Yasue Siewert)

所要時間  

40分

材料(4~5人分)

ドライポルチーニ茸 20グラム
玉ねぎ 150グラム
マッシュルーム 100グラム
オリーブオイル 大さじ1
FCマスカルポーネクリームソース 150ml
パルメザンチーズ 大さじ1
塩 小さじ
黒コショウ お好みの量(多めがお薦めです)

~クレープの材料~
薄力粉 50グラム
牛乳 150ml
玉子 1個
塩 少々
溶かしバター 20グラム
サラダ油 少量

作り方

  1. ドライポルチーニは水に浸し戻す。
  2. 玉ねぎとマッシュルームはそれぞれ薄切りにする。
  3. クレープを作ります。ボウルに薄力粉、塩、玉子を入れよく混ぜ、牛乳を少しづつ加えて滑らかになるまで泡だて器でよく混ぜる。最後に溶かしバターを加えさらによく混ぜる。
  4. フライパンを中強火で温め、油を少量入れたら、ペーパータオルで余分な油は拭き取る。3の生地をお玉一杯分フライパンに薄く広げて(周りがカリッと剥がれてくるまで)焼き、裏返して1分弱焼いたらお皿に取り出す。同様に残りの生地も焼く。
  5. 1の戻したドライポルチーニ茸を手で絞り、スライスする。この時、戻し汁は残しておく。
  6. クレープを焼いたフライパンに、オリーブオイルを入れ、玉ねぎを中強火で炒める。しんなりしてきたら、マッシュルームも加えさらに炒める。5のドライポルチーニ茸も加え炒めたら、戻し汁を100mlも加え、水分を飛ばしながらよく炒める。完全に水分が飛んだら、マスカルポーネクリームソースとパルメザンチーズも加える。塩、コショウで味を整える。
  7. 皿に4のクレープを敷き、6のソースを挟んで出来上がり。

当サイトの著作権はFood Couture, LLCに帰属します。当サイト内に掲載されているレシピ、記事、画像など、全ての著作物の無断転載・商用利用を禁じます。

  ←ランキングに参加中です。日々の励みになりますので、1クリックして頂けると嬉しいです。

コメント(2)

クチュールさん、こんにちは。
ポルチーニの香りとマスカルポーネの美味しいコラボの素敵なクレープですね。このクレープを四角に折って、真ん中に卵を落としたら、お洒落なガレットにもなりそうです♪
ただ、私はクレープを薄く焼くのが苦手。お客様のときは特に時間が足りなくて…
でも、練習して作るようにしたいと思っています!

こちらは桜の季節は終わり、本来なら5月ころが満開になるはずの、藤の花やつつじが早くも咲き始め、目を楽しませてくれます^0^

>>>masakohimeさん☆

masakohimeさん、こんにちは♪
日本の春、いいですね!これから色々なお花が楽しめますよね♪
こちらもやっと春めいてきました^^

ガレットいいですね!このレシピのアイディアのヒントをくれた友人もガレットが好きだとその時に話していました♪
クレープですが、コツは、端が勝手に剥がれてくるまで触らないことです♪中火でじっくり焼いていると、端が剥がれてくるので、そこで裏返すときれいにいくと思います。是非試してみてくださいね♪

このレシピに関するコメント