マスカルポーネソース変奏作品15番、~海老とバジル~

マスカルポーネクリームソースを使った第15作目。プリプリの海老とバジルの香りたっぷりの美味しいパスタです。バジルは一度オリーブオイルと攪拌させ、バジルオイルを作ることにより香りを最大限に引き出します。クリームパスタなのに、ジェノベーゼのような味わい深さです。パパっと簡単に、彩り良い1品に仕上げました。これから夏に向けてピッタリのおもてなしパスタ、是非お試しください♪

マスカルポーネソース変奏作品15番、~海老とバジル~

このページを印刷

(レシピ製作:Chef Yasue Siewert)

所要時間  

約30分

材料(約4人分)

海老 24尾
トマト 1個
フレッシュバジルの葉 約10グラム(大12枚)
オリーブオイル 大さじ3
お好きなショートパスタ 250グラム
マスカルポーネクリームソース 1½カップ
塩・コショウ 少々
パルメザンチーズ(粉チーズ) 大さじ2

作り方

  1. エビは尾と一節を残して殻をむき、背の部分を浅く切って背わたを楊枝等で取り除く。トマトは1センチ弱の四角に切っておく。
  2. 海老に軽く塩・コショウで下味し、温めたフライパンにオリーブオイル(分量外)を敷き、海老を中強火で片面1分づつ焼く。皿に取り出しておく。(フライパンはそのまま、工程5で使います)
  3. バジルは飾り用に3~4枚は千切りにする。残りのバジルの葉とオリーブオイル(大さじ3)、塩・コショウをフードプロセッサーに入れ攪拌する。
  4. 鍋にお湯を沸騰させ、塩をひとつかみ入れ、パスタを茹でる(湯で時間はパスタの箱参照)
  5. パスタを茹でている間に、マスカルポーネソースを2のフライパンに入れ温めたら、焼いた海老を戻し、3のバジルオイルと1の切ったトマトを入れて軽く和えたら火を止める。
  6. パスタを指示の湯で時間より1分前にざるにあげ、水を軽く切り、5に加え、さらにパルメザンチーズも加え軽く和える。最後に塩・コショウで味を整える。
  7. 6を皿に盛って飾りのバジルを乗せたら出来上がり。

当サイトの著作権はFood Couture, LLCに帰属します。当サイト内に掲載されているレシピ、記事、画像など、全ての著作物の無断転載・商用利用を禁じます。

  ←ランキングに参加中です。日々の励みになりますので、1クリックして頂けると嬉しいです。

コメント(4)

クチュールさん、(日本時間で)今晩は~
実は3日の日曜日に、マスカルポーネソースのパスタをつくレポしました!
アップは今日になってしまいましたが…。
いつも美味しいレシピで、作るのが楽しみです♪
今回も夫婦で美味しく頂きました!
ありがとうございます^0^

>>>masakohimeさん☆

masakohimeさん、こんばんは♪
またまたつくれぽ&コメントありがとうございます!!
とっても嬉しいです~~~(*^^*)
ブログも拝見させて頂きました~。今回もおいしそうなものがズラリと並んでいました~~♪masakohimeさんのブログは空腹時に見るのは危険です(笑)
いつも本当にありがとうございます☆

フードクチュールさん!
久しぶりにコメントさせていただきます(*^_^*)
バジルペースト、私もよく作り(作り置きは黒くなっちゃいますね・・)ますが、「あの」マスカルポーネソースと和えるなんて~~♪美味しいに決まってますよね^^それにしても、大きい海老ですね。アメリカンサイズ・・?
最新記事の、茄子の一品、是非是非、これからのじめ~~っとした日本の夏にむけて作りたい一品ですわん(^O^)/

>>>chieさん☆

chieさん、こんにちは♪
コメント嬉しいです(*^^*)
海老、確かに言われてみると大きいですね(笑)
日本の海老の方が大きいイメージがあったのですが、この海老はやっぱり大きいですね。Black Tigerという海老です。こちらでは海老は1ポンドに何匹入るか、、、という数値での記載になっていて、数値が小さい方がサイズが小さい、っという風になってます。私は確かにいつも大きめを買うようにしています。プリプリで美味しいので(#^^#)
確かに、ジメジメの夏にはあの酸味の効いた茄子はシュワっとなっていいですね♪♪♪是非試してみてください☆
chieさんならもっと素敵に盛り付けて、あの素敵な食卓に並べてくれそう~^^

このレシピに関するコメント